middle-age aga

壮年性脱毛症

壮年性脱毛症はAGAのことです。壮年性脱毛症の原因やメカニズム、対処方法についてお伝えします。
セルフチェックもご用意しておりますので、薄毛が気になる方はチェックしてみてください。

壮年性脱毛症とは
〜AGAとの違い〜

壮年性脱毛症はAGAのことですが、AGAの中でも30〜50代で発症した方のことを指します。そのため、AGAと原因や治療方法に違いはなく、基本的にはAGAと同じだと思って問題ありません。なお、AGAは年代によって下記のように呼ばれることがあります。

10〜20代:若年性脱毛症
30〜50代:壮年性脱毛症
60代以上:老人性脱毛症

壮年性脱毛症とは:イメージ

壮年性脱毛症セルフチェック

薄毛が気になり始めた方は、まずは下記の項目を確認してみてください。当てはまる項目が多いほど、壮年性脱毛症になりやすいと言えるでしょう。

  • 親族の中に薄毛の人(壮年性脱毛症)がいる
  • 栄養バランスの偏った食事をしている
  • お酒が好きで休肝日がほとんどない
  • タバコを吸う
  • 睡眠時間が短い
  • ストレスが溜まっている
  • 頭皮や毛髪のケアをしていない

また、下記は簡単にできる壮年性脱毛症セルフチェックです。9の問いに答えるだけなので、気になる方は一度試してみてください。

AGA・薄毛のセルフチェック

壮年性脱毛症のメカニズム

髪の毛が生えてから抜けるまでのサイクルを「ヘアサイクル」と呼び、下記3つの期間に分けられます。

成長期(2〜6年):髪の毛が成長していく期間
退行期(2〜3週間):髪の毛の成長が止まり、毛包が退縮していく期間
休止期(3〜4ヶ月):毛包の活動が休止する期間

壮年性脱毛症は、髪の毛が最も成長する成長期が短くなってしまい、髪の毛が十分に育たないまま抜け落ちてしまいます。

壮年性脱毛症のメカニズム

壮年性脱毛症の原因

壮年性脱毛症は髪の毛の成長期が短くなることで起こります。では、なぜ成長期が短くなってしまうのでしょうか。壮年性脱毛症が起こる原因についてみていきましょう。

壮年性脱毛症の原因は男性ホルモン?

男性ホルモンが原因で薄毛になると思っている方は多いです。しかし、実際には男性ホルモン自体が悪いのではなく、男性ホルモンが悪玉男性ホルモンに変換されることで薄毛になってしまいます。

図を見ていただくとわかるように、もともとは善玉男性ホルモンだった「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことで、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変換されます。この「ジヒドロテストステロン」が、毛乳頭にある「アンドロゲンレセプター」と結合し、髪の毛の成長を阻害するのです。そのため、男性ホルモン自体が薄毛の原因というわけではありません。

壮年性脱毛症とは:イメージ

壮年性脱毛症の対策

壮年性脱毛症を発症してしまった場合、どうすればよいのでしょうか。壮年性脱毛症の対策についてみていきます。

AGA治療を受ける

壮年性脱毛症は進行性の脱毛症です。そのため、薄毛が気になり始めたら早めに病院で薬を処方してもらう必要があります。壮年性脱毛症は、前髪の生え際(M字部分)や頭頂部から薄くなっていくという特徴があるため、これらの症状が見られたら壮年性脱毛症の治療を受けましょう。一般的には、飲み薬の「プロペシア錠(フィナステリド)」「ザガーロカプセル(デュタステリド)」や、塗り薬の「ミノキシジル」などが処方されます。

生活習慣や食生活を整える

生活習慣や食生活を整えることも、壮年性脱毛症を治すためには重要です。例えば、睡眠不足は髪の毛や頭皮の成長に支障をきたすため、毎日6〜8時間程度は睡眠時間を確保しましょう。
髪の毛の成長に欠かせない栄養素を取り入れることも大切です。毛髪はたんぱく質(ケラチン)からできているため、特にたんぱく質は積極的に摂りましょう。肉・魚・大豆・乳製品に多く含まれています。
また、ケラチンの合成をサポートする亜鉛も摂取するようにしてください。牛肉・ゴマ・海藻類・レバー・牡蠣・うなぎなどに含まれます。

ストレスを溜め込まない

過度にストレスが溜まると、頭皮が緊張状態となり、血行不良を起こしてしまいます。その結果、毛根まで栄養素が届かなくなってしまうのです。ストレス社会と言われているため、ストレスが溜まるのは仕方ないことですが、趣味を満喫したり美味しいものを食べたりして、日頃からストレス発散することを心がけてください。

頭皮環境を整える

頭皮の毛穴が詰まっている、脂ぎっているなど、頭皮環境が悪いと健康な髪の毛は育ちません。毎日きちんと髪の毛を洗い、清潔な頭皮を保つようにしましょう。また、入浴時に頭皮マッサージを行うのもおすすめです。

頭皮マッサージ

壮年性脱毛症のよくある質問

壮年性脱毛症は女性でも発症しますか?

壮年性脱毛症はAGA(男性型脱毛症)のことで、男性が発症することがほとんどですが、女性が発症することもあります。女性が発症した場合にはFAGAと呼ばれ、頭部全体の髪の毛が徐々に薄くなり、地肌が透けて見えるようになります。

壮年性脱毛症は治るのでしょうか?

壮年性脱毛症は、飲み薬と塗り薬によって治療が可能です。飲み薬によって薄毛の進行を抑制し、塗り薬によって発毛を促進します。ただし、壮年性脱毛症は進行性のため、早めに治療を開始することが重要です。

壮年性脱毛症はクリニックで
治療を受けましょう

壮年性脱毛症は多くの男性が悩んでいる脱毛症です。放っておいても治ることはなく、症状はどんどん進行していってしまいます。壮年性脱毛症は治療できるため、早めにクリニックで医師の診断を受けてください。
早く治療を開始するほど治る可能性は高くなるため、薄毛が気になり始めたら、まずは相談だけでもお気軽に当院までお越しください。

無料カウンセリングはこちら

AGA・薄毛治療についての
無料カウンセリングや初診の
ご予約はこちらから

PAGE TOPPAGE TOP

WEB予約ご相談・ご予約WEB予約

LINE予約 LINE予約

電話予約 電話予約

以下より友だち追加を
お願いいたします。

閉じる